上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月1日 帝王切開で無事出産

前のブログでいろいろ入院話を聞いてもらいましたが、

すったもんだはしましたが2009.9月に

帝王切開で無事、息子が産まれました

帝王切開したことのある知人から

「術後が痛くて動けないからつらいよ」とか

「手術中は一人目はあまり痛くなかったけど、

二人目は100倍痛かった」とか

聞いてたから覚悟はしていたけど

やっぱり想像以上に痛かった

痛みには個人差あるから楽だった人もいるとは思うけど、

あたしの場合は手術中、「痛い!」と声あげて先生に訴えて

麻酔を追加してもらう痛さでした。

だからお腹からはるぴん出てきた時もはじめてわが子を見た

喜びなんて感じてるひまがなく、看護婦さんに

「赤ちゃんだよ~」と目の前に持って来られても

(はいはいもういいから~

早くお腹閉じて終わって~


と冷ややかな態度

もっと感動できると思ってたのに~・・・

病室戻ってからも痛みで顔がけいれんし、それを見た母親が

あわてて看護婦さんを呼びにいき、痛み止めの注射でも

してもらえるかと思ったら、「もう痛み止めの座薬入れてますから」

と言われ、とくになにもしてもらえず、耐えるしかなかった

その夜、眠れたかどうかは記憶にないが、次の日の朝、

やっとわが子とご対面

「2395gです。」

そのちっちゃさに驚き

たしか2500g未満の子はいっしょに退院出来ないんじゃなかったっけ?

そんなのやだ~・・・って心配しなくてもそのあと

膀胱炎と腸閉塞になり入院がさらに1週間のびて、

無事いっしょに退院できちゃったのでした

(笑)



スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

MENU
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
オンラインカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。