上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブサカワ日記

りぼん


「保育園生活終了」




早いもので0才から始まった保育園生活も

もう6年目。

とうとう卒園を迎えました。



最後の一年間の思い出を記録に載せて。。。


お泊り保育1

お泊り保育に行くところ。

郡上八幡までキャンプに行きます。


仕事行く前にバスまで見に行ったら

いっぱいママたちがお見送りに来ててびっくり!!


お泊り保育4


ぶぶっ

いってらっしゃ~い!



保育園思い出6

大好きな運動会。

得意なのは行進?(笑)


保育園思い出8

笑顔の徒競走2位


保育園思い出7

先生からのメダルにワクワク♪


保育園思い出1

きまった!!



保育園思い出2

保育園最後の発表会


保育園思い出4

「神様全員集合」の劇で「釜戸の神様」役が

はまり役でした。


保育園思い出3

大好きなリトミック。発表会でもやりました。

歌って踊って。いつも一番大きい声で元気にやっている様子。



年長さんになってから性格も活発になってきて、

2才児クラスまで担任だった先生に

「はるぴん、最近変わりましたね~

たのもしくなりました~」と言っていただきまわりも気づくほど、

大きい声で友達と遊んでいる場面が多くなりました。


以前までは席も好きな席に座っていたので、

男の子のわんぱくチームが固まって座っていて

入りたくてもはるぴんの横には女の子たちが「はるぴんいっしょにあそぼ♪」と

座ることが多く女の子たちと仲良くおままごとしていた。


でも年長からは先生が席を決めてくれて月に一度席替えもあり、

いろんな友達とお話しが出来てどんな子とも仲良く遊ぶことが出来た。

今までなかなか入れなかったわんぱくな子たちにも

いじってもらえて、「やめろ~(笑)」って言い返してたり

楽しんでいた。

年長さん担任の男の先生になってから、個人面談をやっても

やたら褒められることが多くなり、

「ちょっとおしゃべりやおふざけが多い時もありますけど、

まじめな話しの時はちゃんと聞いていますし

まあこれくらいはぼくは気にならない範囲なので。」

と割と寛大な先生なのが良かったみたいで

子供たちも元気にのびのびとしていた。


担任の先生の教育方針によってこんなにも

子供の性格に影響を及ぼすものだとは思わなかった。


ママたちの集まりで毎年「次の担任誰かなぁ?」

「00先生だったらいいねぇ。」とか話題に出るけど

正直自分は子供の担任はどの先生でも別にかまわなかった。



今までの先生は悪いことをするとちゃんと愛をもってしかってくれていたし、

子供も先生のこと大好きだったみたいだし、

ただ、怒られるのがいやだから保育園では大人しくしていたところもあった。


見守る先生に「ここまではいいよ~。」と寛大に見守ってくれる見守り方の方が

子供もいきいきと過ごせるんだとわかって、このくらいの小さい子にとって

これからの性格を大きく左右するほど、先生の教育方針は

すごく大切で、先生が重要な存在だということがわかった。


0才から6才まで先生に恵まれ、特に年長での先生によって

より元気で活発な子に変わることが出来てよかった。

ほんと先生には感謝です。

お礼の気持ちをアルバムに添えて伝える機会もあり、


卒園式でみんなで渡すことになりました。



卒園式の様子はまた書きたいと思います。










スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

MENU
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
オンラインカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。